ホームへ戻る
ホーム 会社案内掲載実績畳作り畳の材料へようこそ備後表縁無・琉球畳畳屋の嫁
当店で使用する表

縁の種類

床の種類
・なぜ稲藁床なの?
・手床製作

返し藁を収穫に!

畳床には大きくわけて

・稲藁畳床 ・藁サンドイッチ畳床 ・建材畳床 の3種類が良く使われています。

何が良くて何がダメとは一概に言えなく、用途に合わせてお使い頂く事をお勧めします。


ただ和室のお部屋に当店がお勧めするのは稲藁畳床です。
◎稲藁畳床
稲藁床昔ながらの天然素材です。縦横の針数によって 

特・1・2・3・4級と区別しています。

30kg以上の稲藁を何層にも縦横に配し積み重ね、

約40cmの厚さを5cmまで圧縮して作るため

弾力性・保湿性・吸放性・耐久性という点で一番優れています。
◎藁サンドイッチ畳
藁サンドイッチ畳稲藁の間にポリスチレンフォーム又はインシュレーションボードを

挟んだ3層構造です。

軽量で保温性に優れるという特色を持っていますが、

耐久性や弾力性には弱い面があります。

*写真はポリスチレンフォームサンド畳床です
◎建材畳床
健材畳稲藁を全く使用しないでポリスチレンフォームに

インシュレーションボード板を重ねたものです。

薄畳(厚さ12mmほど)などはこの種類が多いでしょう。

非常に軽量な為、持ち運びなどでき置き畳に使われる方も多いようです。

またコストの安さも魅力です。薄畳などに好まれて使われます。
                      
耐久性・弾力性などに弱く、畳の張替えにも適さない為、痛んだり汚れ場合使い捨てとなってしまいます。

*写真はオールインシュレーションボード畳床です
畳の張替え、工事などお気軽にお問い合わせください。メール
ホーム 会社案内 掲載実績 畳作り 畳の材料 備後表 縁無し・琉球畳 畳屋の嫁
Copyright (C) 2005 Yanai Tatami. All Rights Reserved.