ホームへ戻る
ホーム 会社案内掲載実績畳作りへようこそ畳の材料備後表縁無・琉球畳畳屋の嫁

当店の仕事は
畳替の種類と目安
こんな畳屋には注意してください


○表替

表替えとは新しく畳表と縁を付け替える作業と共に当店では凹みをなくし

隙間を埋めるなどの補修も施しております。



表替えの目安としては


畳が太陽の日差しで焼けたり、痛みが激しくなったら畳床はそのままで畳の表だけを取替えることができます。

これを"表替"と言い、購入時より
3年〜5年目に行うのが良いでしょう。

○新畳

新畳とはお部屋に合わせて寸法を取り、畳床・畳表・縁全てを新しく作る作業のことです。


畳替えの目安としては

購入してから
15〜20年くらい経ったら思いきって新品を購入することをお勧めします。

畳床は種類にもよりますがメンテナンスの仕方で約30年ほどもつ場合もあります。

しかし歩いてブカブカでデコボコしたり隣りの畳との間に段差が目だってしまったら寿命です。

畳の機能低下はもちろん衛生上あまりよくありません。

畳に関しておかしいなと感じたときは躊躇せずどんどん聞くことをお勧めします。

○裏返し

裏返しとは今ついている畳表を裏に返し張り替える作業です。その時、縁だけは新しくなります

もちろん凹みや隙間などの補修も施しております。

ただ畳表の使用年数や痛み具合などで表替えをお勧めすることもあります。



裏返しの目安としては

購入してから
2〜3年目頃がお勧めです。使用頻度の少ない客室などされる方が多いようです。

畳表の傷み具合により表替をお勧めする場合があります。

<上記の作業にかかる費用について…。>


項目をあげると

畳表代(表替・新畳)・畳縁代・畳床代(新畳)・その他材料代(糸など)・諸経費などです。

その中でも畳表によって値段は違ってきます。予算に応じてご相談されたほうがいいでしょう。


良い表の特徴とは…。

@
着色剤や樹脂の吹付けがされていないもの。(抗菌剤や防ダニ剤に添加していることもある)

A
イ草の織込みが多く厚いもの。

B
 高温加熱乾燥より天日干し。


良い表は
着色剤などを使用していないので目がさめるほどの青畳ではなく、

天然素材ならではの目に優しい青さを持ちつかうほどに美しいこんじきに輝いていきます。

また、イ草の織込みが多いと目がつまっているので水などがこぼれた場合、

表面のイ草が膨張・吸収して裏まで透りにくくなります。汚れや小さなゴミも同様です。
畳の張替え、工事などお気軽にお問い合わせください。メール

ホーム 会社案内 掲載実績 畳作り 畳の材料 備後表 縁無し・琉球畳 畳屋の嫁
Copyright (C) 2005 Yanai Tatami. All Rights Reserved.