ホームへ戻る
ホーム 会社案内掲載実績畳作り畳の材料備後表縁無し・琉球畳へようこそ畳屋の嫁

縁なし畳
縁なし畳の
お部屋をご紹介
琉球表について
足元に琉球畳を!
琉球表
元来琉球(今の沖縄)で生産されていましたが今では大分が生産の主流となっています。

当店で販売している草履の畳表も大分県国東(くにさき)半島の七島いぐさを

使用しています。つまり琉球表の草履ですね。

昔は商人の店先や長屋などで使われた琉球表。

土地を選ばす長く伸びるイグサなので全国で栽培されていたことや
(当店の店先でも育ててます)

昔は高級品であった縁を使わずに作るため庶民に好まれたようです。

現代では独特な風合いとフローリングとの相性の良さなどから

若い方からもご興味頂いております。ただお値段的に通常より高くなってしまう難点も・・・。

琉球表がいいけど値段の折り合いで目積表で縁なし畳にされる方も多いです。

新築やリフォームの時に琉球畳をとりいれるのも新鮮かもしれませんね。
簡単な琉球表の栽培
店先で栽培している
七島イグサ。
グングン伸びて背の高さ
くらいまであります。
東京でもここまで育つのは
スゴイと思いました。
芯も太く立派なものです。
この種類は
カヤツリグサ科ホタルイ属の
「三角イ」と呼ばれています。

ちなみに下のが備後のイグサ。
(品種ウラナミ)
こちらはイグサ科イグサ属で
「丸イ」と呼ばれています。

カットした断面。
三角の形がお分かり
頂けると思います。
これを裂いて乾燥させると丸くなり
それを織り込んだものが
七島イグサ、つまり琉球表に
なるのです。
畳の張替え、工事などお気軽にお問い合わせください。メール
ホーム 会社案内 掲載実績 畳作り 畳の材料 備後表 縁無し・琉球畳 
Copyright (C) 2005 Yanai Tatami. All Rights Reserved.